ICHIRO'S STYLE

唯一無二の線を探し求めて・・・
ICHIRO TSURUTA: Beautiful Red 2019 鶴田一郎:琳派シリーズ 雪月花 月 2008 鶴田一郎:私に帰るとき 2016 鶴田一郎:美麗菩薩 2018

ICHIRO'S STYLE

唯一無二の線を探し求めて・・・
ICHIRO TSURUTA: Beautiful Red 2019 鶴田一郎:琳派シリーズ 雪月花 月 2008 鶴田一郎:私に帰るとき 2016 鶴田一郎:美麗菩薩 2018

WORKS


ACTIVITY


[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]

 

[%title%]

[%article_short_60%]

STAFF NOTE


[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%article_short_60%]
 

ABOUT


ICHIRO TSURUTA
 

ICHIRO TSURUTA

 
唯一無二の線を捜し求める。あたかもそれは最初から定められてでもいたかのような、徴塵の迷いも感じさせない鋭さと、美とを定着させる力とを持った絶対なる線を。幾度となく描いては消し、その繰返しの中からやがて求める線が朧気に見えてくる。しかし限りなく近づいたと思えたその一瞬の後には、その線は突然ゆらぎ始め、曖昧なる迷宮の彼方へと消え去ってしまう。そのゆらぎの迷宮の中へは、いくら踠こうとも、私の力はもう遠く及ばない。再びその真実の線を発見するには、何か私自身以外の力が必要となってくる。その何物かの力を借り、身を委ねるしか、真実の線を手に入れる方法はないのである。